ブログトップ
ワカのサンキューブログ
移動式の病院があったら。。。
ワカ@ザンビアです。

食料を調達。まだ熟れてないフルーツたちですが、二日後ぐらいに食べようと思っています。右側のはチーズ。ザンビアは国内でチーズを生産していて、そのおいしさはアフリカでは有名みたいです。とくにチェダーチーズがやわらかくて超おいしい!
c0223065_7523533.jpg

雨季のザンビアは、夕方になるとすごい雨です。明け方まで止まず、電気が消えたり、テレビが見れなくなったりします。
c0223065_7395567.jpg

雨でも子どもたちは平気でサッカーをしています。
c0223065_7424676.jpg

ザンビアでgucciと合流してからもう何日も、どうやったら農村の女性たちに安全なお産を提供できるのかIPPFザンビアと一緒に考えています。
c0223065_84794.jpg

c0223065_7465514.jpg

話し合いの中で、常に問題になっているのが、妊産婦さんたちの病院までの距離。一番近いクリニックまで40-50kmという人たちがたくさんいて、交通手段がないのだそうです。

そのために、以前は家々を巡回する産婆さんを養成していましたが、それももう今は法律で禁止されていてできません。クリニックまで遠い女性たちのほとんどは姑や母親、祖母に出産を介助してもらうのだとか。出血多量になったり、なかなか赤ちゃんが出てこなかったりしても誰も助けることができないので、亡くなることが多いそうです。

モバイルクリニックがあったらなとプロジェクトの担当者でもあり、助産師でもあるアルバティーナが言いました。女性たちがクリニックに行けないのなら、助産師さんが女性たちのところに行けばいいのです。移動式のクリニック兼トラックがどうにかして購入できないかという案です。

今作っている2011年からの3年間のプロジェクトとは別に、モバイルクリニックに寄付を集められるかどうか考えています。

ザンビアから、おひとりさまランキングに参加しています。
↓いつもクリックありがとうございます。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-03-16 08:14 | ザンビア・タンザニア
<< 村人の話 in Zambia ザンビア時間がちょうどいい。(... >>