ブログトップ
ワカのサンキューブログ
<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
冨永愛さん:ビッグママだから大丈夫
ザンビア滞在中にスーパーモデルの冨永愛さんがプロジェクト地区を訪れるという一大イベントがありました。現地ではNHK、VOGUEの取材なども引き連れて合計12名の大移動。ランクル3台で村々を移動しました。
c0223065_16483479.jpg

c0223065_16505298.jpg


広報担当の私ですが、お恥ずかしながら実はテレビの取材同行は初めて。スーパーモデル同行は未知の世界。今考えるとよく担当させてもらえたなあと思います。色々不手際ばかりで、関係者の皆様にはご迷惑をおかけしました。無事撮影を終了し帰国することができ、冨永さん、NHK、VOGUE、現地のザンビア人スタッフ、村人たちに心から感謝しています。ありがとうございました!

冨永さんは言うまでもなく、ディレクターもカメラマンも音声マンも、VOGUEのフォトグラファーやライターも全員私以外はプロ中のプロ。みなさん、目まぐるしく変化する状況に臨機応変に対応しながらしなやかに取材と撮影をこなし、寝る間もない過密スケジュールにも関わらず、楽しむことも忘れないパワフルな方々でした。
c0223065_16484833.jpg

一番印象に残っているシーンはトンガ族の村での子どもたちとの交流。冨永さんって無邪気で少年っぽくて、本当に子どもが好きなんだなあと思いました。突然、蟻塚や蟻地獄を熱心に研究したり、土の上にどっかーんとあぐらをかいて座ったり、いつのまにかたくさんの子どもたちに囲まれていて、部族語が通じないのにすっかり打ち解けて遊んでいました。
c0223065_16491964.jpg


そして、とにかく勉強熱心。私の一言一言を車中でも村でもどんどんメモるので下手なこと言えないなあと緊張しました。現地のことをもっと知りたい!という意欲に感動しました。
c0223065_16493962.jpg

↑村人の話を聞いて熱心にメモを取る冨永さんと通訳する私。oshio撮影。

冨永さんとの車中の会話で印象にのこっていることがあります。
私がちょっとイライラしてしまい、現地の担当者、アルバティーナがもめた時のこと。すっかり落ち込んで「あんなひどいこと言うんじゃなかったなあ。」と、なんだか疲れも伴って涙が出そうになりました。そしたら冨永さんが「大丈夫だよ。彼女はビッグママだから。大丈夫だよ。」って窓の外を見ながらつぶやいたんです。

涙を我慢していたのに、逆にその温かい言葉でポロポロっと涙が出てしまいました。冨永さんと一緒に現地に行けてよかったです。冨永さんって少年みたいで、ぶっきらぼうで優しい、そして彼女自信もビッグママなのかも知れないですね。
c0223065_1650188.jpg

(↑この写真、昨日発売の25ansに掲載されました!oshio撮影)

サボり続けてランクがかなり下がってますが、
どちらにせよおひとり様なので、おひとり様ランキングに参加中。
↓クリックありがとうございます。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-11-29 17:34 | ザンビア・タンザニア
ザンビアの赤ちゃん②産湯はなしよ
一ヶ月のザンビアでの取材で、これからいろいろなメディアから記事が出ますが、早速先週は毎日新聞から3回連続の記事が出ました。詳しくはジョイセフ公式ブログ


今日はその取材に同行したときに知った、赤ちゃんの産湯のことを書きます。
記者の取材に同行してザンビアの村の診療所に泊まった時のことです。
c0223065_18431574.jpg

先週毎日新聞の記事になった、16歳の少女、ナンシー・ムリンダさんが2400グラムの赤ちゃんを産みました。「産湯はしないの?」と記者が聞くと、助産師さんが答えました。「産湯はしないのよ。赤ちゃんは生まれたまんま、6時間は体を洗わないの。お母さんからもらった油がくっついたままの方が赤ちゃんの健康にはいいと考えられているの。」

確かに、生まれたばっかりの赤ちゃんは洗われず、そのまま量りに乗せられています。
c0223065_18414531.jpg

そして時間が経つと赤ちゃんの体に白い油が浮き出てきました。
「この油が赤ちゃんを守ってくれるの」
みるみるうちにタオルとチテンゲ(アフリカの布)に包まれた赤ちゃんは白い油をつけたまま指をくわえていました。
c0223065_1842562.jpg

帰国して調べてみると、日本でも、この油「胎脂」と呼ばれ、胎脂を洗わない産院が増えているようです。
日本赤十字社によると「ドライテクニック」と言うらしいです↓
http://homepage3.nifty.com/~sanin/sun/bn/0412_list.html

ザンビアでの妊産婦保健の取材同行記録、まだまだ続きます。お楽しみに。


ちょっとサボってましたが、おひとりさまランキングに戻ってまいりました。
↓せっかくですので、クリックお願いします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-11-22 18:49 | ザンビア・タンザニア
ザンビアの赤ちゃん
ザンビアに来てちょうど一ヶ月が経ち、今日が最終日です。

プレスの皆さんと一緒に動いたおかげで、毎日新鮮な驚きがあり、普段の出張とは違う村人の顔を見ることができました。

最初の2週間は毎日新聞、時事通信、週刊朝日の取材に同行し、後半の2週間はスーパーモデルの冨永愛さん、VOGUE、NHKの取材に同行しました。

今日は前半の2週間で一番心に残った出来事を書きます。

時事通信の淡路さんの提案でクリニックに泊まってある妊婦さんの出産を取材することになりました。
c0223065_17511386.jpg

淡路さんと毎日の水戸さん、写真家の内堀さんの3人で徹夜し、赤ちゃんが生まれたのは午前2時5分。

すっごくかわいい赤ちゃんでした。
c0223065_17371083.jpg

黒人の赤ちゃんは生まれたてのときは肌が白いです。時間が経つとだんだん黒くなります。
お母さんのこと、赤ちゃんのことは時事通信や毎日新聞で記事になるかもしれませんのでネタばれにならないよう、今回は書きません。

一番感動したのは、次の日赤ちゃんとお母さんが家に帰るのについて行ったときのこと。みんな踊ったり歌ったり大騒ぎ。大家族っていいなあって思いました。
c0223065_1852417.jpg


ザンビア、マサイティ郡フィワレにて。
[PR]
by joi-waka | 2010-11-11 17:59 | ザンビア・タンザニア