ブログトップ
ワカのサンキューブログ
<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
島の生活最終日。。。帰りたくないよお
とうとう島の生活最終日です。
c0223065_10271546.jpg

この一週間、いろいろな人にお世話になりました。

滞在させてくれた田代家のみなさん。
c0223065_103181.jpg


ダイビングを教えてくれた、サウスエンド・ダイビングの中村先生。
普段は漁師で、伊勢海老とかヤコウガイを採っている本格的な潜水士です。
講習もかなり厳しかったです。
c0223065_10334368.jpg


島の漁師のみなさん。
伊勢海老とヤコウガイごちそうになりました。ありがとうございました。
c0223065_10365766.jpg
c0223065_10352051.jpg

c0223065_10373560.jpg


映画「東京島」の「サイナラ岬」のロケに使われた半崎で出会ったおじいさん。
ソテツの根を収穫していました。観葉植物として東京や中国に売るんだって。
c0223065_1047377.jpg

おじいさんは昭和6年生まれ。
子どもの時戦争でこの浜にも米軍の飛行機が来たそうです。
「この向こうに見える島は『軍艦島』っていうんですよ。昔米軍の飛行機が軍艦と間違って爆弾を何度も落としに来たんです。わたしらはその度に潜って浮いた魚を収穫したんですよ。いつも2機飛んできて、そのだびにたくさんの魚が採れるんですよ。」
c0223065_1045940.jpg


いろいろなことを学ばせていただきました。
また来たいです。

島から最後のおひとりさまランキング。
↓せっかくですので、クリックお願いします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-09-24 10:52 | 仕事のことは忘れて
オキノエラブ日記②
島の生活3日目。
c0223065_106199.jpg

ダイビングの教材が届きました。
しかも届き方がすごい。宅配便とかではないのです。
c0223065_107824.jpg


ダイビングスクールのスタッフから電話がかかってきて、今どこにいますか、と聞かれたので、「えーと、浜のスーパーマーケットです。」と答えたらすぐに車でやってきて教材を渡してくれました。

この島は東西に細長い形をしているので細いところは南岸から北岸まで歩けない距離ではないのです。実際歩いてみましたが、丘のてっぺんからどっちの岸辺に行くのもだいたい30分ぐらいで行けます。問題は目印がないこと。この椰子の木を左だっけ、みたいなかんじ。
c0223065_1082028.jpg


目が覚めるほどの美しい白い砂浜も、サンゴ礁も、熱帯魚も時期によってはウミガメやイルカも全て「あー今日暇だな、何かしようかな」と思ってトコトコ30分も歩けば見られるのです!!

今日も浜へ歩くこと30分。
ワンジョビーチというサンゴ礁でかためられた白い美しい浜へ行きました。
c0223065_10121387.jpg

ワンジョビーチは日曜だというのに相変わらず貸しきり状態。
遠浅の浜のサンゴの穴にたくさんの青や黄色の熱帯魚が泳いで時々足をパクパクとつついてきます。
c0223065_1013395.jpg

浜には何だか誰かが隠れて住んでいそうな岩場がたくさんあります。
ソテツがたくさん生えていて、そこだけ見ると無人島に来たみたいです。

この浜から島の東北端に行くとフーチャという美しい海岸があります。この海岸はゴツゴツとした険しい岩を降りていかないとたどり着かないので、一瞬躊躇しますが、眼下の景色があまりに美しいのでやっぱり降りていかずにはおれません。
c0223065_10142190.jpg

フーチャにはたくさんのウミガメがいます。
私たちが行った時も3~4匹ぐらい大きなウミガメを見ました。
「ここは俺の縄張り」とでも言いたいのか何度も顔を出して近づいては潜り近づいては潜りしてこちらを見ています。
c0223065_1015861.jpg

この4日間観光客は一人も見ていないのですが、もしかしてそれで良いのかも。この美しい大自然が守られているのは島の人たちが島の自然にことさら世話を焼くこともなく、かと言って荒らすこともなく、ずっと昔からそうしていたように自然に暮らしているからなのかも。
c0223065_10164569.jpg

繁華街(と言っても特に町があるわけではないけれど)のバーで遅くまでオリオンビールをしこたま飲んで夜道を歩くと、突然道路にたくさんの街明りが!!
c0223065_1016029.jpg

ええっ?こんなところにも集合マンションか何かが?と思いきや、これは島の名産電照菊の畑なのだそうです。島の人だけではなく、中国など外国からも移住してきてやっているんだって。たくさんの光は苗に当てる照明だったのです。

ところで、島の珍味をスーパーマーケットで見つけたので紹介します。

こちらが豚の頭。
c0223065_10172782.jpg

売っていると聞いていたけど、こんなにきちんとパックになってるとは知りませんでした。

そして瓶詰めの魚。瓶を振ると泳いでいるように見える、結構勇気のいるつまみです。
c0223065_1018348.jpg

こちらは島バナナ。
c0223065_101859100.jpg

ドラゴンフルーツは消防士の森さんからもらいました。
c0223065_10201947.jpg

炒め物に使うパパイヤ。
c0223065_10205494.jpg

そうちゃんがイカ釣りで釣ってきたイカ。おいしかったでーす!!
c0223065_10213833.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-09-20 09:37 | 仕事のことは忘れて
私の夏休み~沖永良部島
今年の夏休みは、鹿児島の離島、「沖永良部島(オキノエラブジマ)」に来ています。
c0223065_10252468.jpg

沖永良部島は、映画「東京島」のロケ地になった人口1万5000人程度の小さな島です。
別にわざわざ映画のロケ地に行くような行動力のある私ではないのですが、友人のお姉さんが転勤でここに引越したと言うので、二人でおしかけることになったわけです。
c0223065_10333419.jpg

沖永良部は東京島で無人島の撮影に使われただけのことはあり、観光地化されておらず、まだ手付かずの美しい自然でいっぱい!本当はブログにも書かないほうが島のためなのかも知れませんが、すっごく綺麗で誰かに自慢せずにはおれないのです。

沖永良部島は鹿児島県ですが、種子島、屋久島、奄美大島、徳之島よりももっと南にあり、九州人の私に言わせれば、文化圏は九州と言うよりは沖縄。方言も鹿児島弁というよりは沖縄弁に近いような気がします。住んでいる人も皆沖縄の人に似ています。(東京の人に言わせれば、九州も沖縄も同じかも知れませんが、実は違うんです!)

今回の上陸の目的は、ダイビングライセンスの取得。

今日HPに掲載してあったダイブショップに二軒ぐらい行きましたが、どちらも本土から来た人がやっているみたい。地元の人は海にはあまり入らないそうです。こんなに美しい海に囲まれているのに、もったいないなあ!

今日は台風も近づいているということで波が高くなってましたが、だれもサーフィンしてませんでした。ポイントじゃないのかもしれませんが、それにしても浜に誰もいないのがとっても不思議。
c0223065_10292190.jpg


トコトコと浜を歩いていると、突然一人の上半身裸の年老いた男性が現れ、目の前でパンツも脱いで水にチャプチャプッと入っていくではありませんか!!
あまりの好奇心にじーっと見ていると、持っていたタオルで体を洗っている様子。
まるで草津温泉にでも来たような光景!

夕刻のお風呂の時間らしいです。
c0223065_1027068.jpg

この不自然な風景にびっくりして見とれていると、男性が突然友人に話しかけました。

男性:「どっから来たの」
友人:「東京です。」
男性:「私の孫も東京に行っているんですよ。学校の先生をしているんです。独身ですよ。あなた結婚してないの」
友人:「はあ。」
男性:「焦ったらだめよ。焦って変な男と結婚したらあ、だめ。」

というわけで、一挙に打ち解けた私たちはじっくりと話し込むことに。その間男性の腰にあったのタオルがひゅるひゅると水に流されそうになりましたが、そんなことに気を取られることもないほど男性の話は興味深いものでした。

「私は87歳よ。まだ子どもだったけど戦争で特攻隊に行けと言われて、沖縄に行ったけど、弾がここをかすったの。(と左腕の傷を見せる。)だから突撃できなくなったのよ。島(沖永良部)から72人が(戦争に)行ったけど、戻ってきたのは私ともう一人、チランに行った人だけ。」

帰り道のサトウキビ畑が太陽にキラキラ光って、なんだか不思議な気持ちになりました。
この島から海を眺めると、徳之島が見えます。

両方ともとっても美しい島なのに、なんだか切ない場所です。。

沖永良部島からおひとりさまランキングに参加中。
↓クリックお願いします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-09-18 10:34 | 仕事のことは忘れて
エッジウェル・インターナショナル
私がジョイセフに入ったばかりのころ、アフリカの担当をしていた角井さんというすごい先輩がいました。


タンザニアやザンビア、マラウィなどのプロジェクトを担当しているうちにアフリカへの熱い思いが高まって、ついに独立してアフリカへ移住してしまったのです。

時々日本に戻ってくると角井さんはいつもジョイセフにあいさつに来ます。

そして今回は大きなニュースを引っさげてきました!
ついにタンザニアで企業することになったのだそうです!
その名も「エッジウェル・インターナショナル」

角井を英語にしてEdge Wellなのだそうです。
海外で企業するって大変だろうなあ。

角井さんがジョイセフに来ると、みんな楽しそうにアフリカの話をします。

角井さんとMako↓
c0223065_10131720.jpg


ジョイセフの仲間がどんどん世界に広がります。

明日から夏休み。おひとりさまランキングに参加中
↓せっかくですので、クリックお願いします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-09-16 10:10 | 世界の仲間たち
かっこいい女性、アンとの出会い。
IPPFというイギリスのNGOの東・東南アジア・大洋州地域事務局の新しい所長が来日しました。

世界150カ国以上の傘下団体を率いるIPPFの地域事務局長ですから、どんなに偉い人が来るのだろうとドキドキしていたら、意外とっても気さくな人でした。オーストラリア出身。見た目は若いけど50代なのだそうです。


「私が地域事務局長になってから、どんどん改革をすすめているの。上から下までぜーんぶ。だからジョイセフのことももっと知りたい。新しい協力の仕方があるかもしれないし。どんどんアイデアを出していきましょう。面白いことを一緒にやりましょうよ。」

アンはなんだかうちの事務局長に似ている。改革が好きで、新しいアイデアをどんどん採用する、ハイリスクハイリターンな人。

事務局長とアン↓
c0223065_107501.jpg


「シンガポールに来たら、うちに泊まりなさいな。フルーツのいっぱい生る木がたくさん生えているのよ。私はそれを売って、団体のファンドレイジングにしたらと言っているの。活動を持続可能にするためよ。持続可能のためのアイデアをやりたいの。プロジェクトでもそう。クリニックにソーラーパネルを付けたりね。電気を自給できるようになれば電気のない地域でもクリニックを運営できるわ。ソーラーパネルを作っている会社に支援してもらえないかしら」

ジョイセフでもタンザニアやアフガニスタンのプロジェクト地区のクリニックにソーラーパネルを導入するアイデアが出ています。電気がないと、水もポンプで汲みだせないし、夜のお産の時もろうそくやランプに頼らなければならないのです。

企業との連携でアフリカの農村のクリニックにソーラーパネルかあ。確かにすごくいいアイデア!!

アンと話をしているとなんだか何でもできるような気がして力やアイデアが湧いてくる!!

私もこんな女性になりたいなあ。。
↓おひとりさまランキング、参加中。
クリックありがとうございます↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-09-15 10:03 | 世界の仲間たち
大阪でのチャリティイベント、また記事になりました!
日曜は大阪、梅田の阪急百貨店でチャリティのイベントがあり、大阪に行ってきました。
c0223065_9464672.jpg

オーガニック化粧品ブランド「THREE」と!スーパーモデルの富永愛さんがコラボしたトークショーイベントで、「外見も中身も美しく」というコンセプトでジョイセフの活動を紹介してくださいました。

イベントの様子は産経新聞の関西版朝刊に掲載されました。↓こちらリンク。
MSN産経ニュース
「途上国の母子支援を」 冨永愛さん 梅田で協力訴え 大阪


富永愛さんは中身から自分を美しく!ということで、ジョイセフを支援するチャリティを始めたそうです。「人を支援することで、実は自分が助けられていると思うんです。」と富永さん。やっぱり美しい人は外見ではないのだな、と感心しました。

私も中身だけでも磨かなければな。。え?外見はどうすんのや?それはまた次号のテーマで。


↓せっかくですので、クリックお願いします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-09-14 09:47 | お仕事中
ふるさとの味はオーガニック
久々に家に帰るとダラダラしてしまう。
たくさん持ってきた本を畳に寝転がって読んでいると、いつのまにか美味しいランチやディナー、キンキンに冷えたビールや枝豆、新鮮な近海の海の幸が出てきて、私をもっともっとだらけさせてしまうのです。

そんなこんなで今日は、新鮮なオーガニックのおもてなしが用意されていたみたいです。

こちら、うちで取れたミニトマト。何がすごいって、無農薬、無肥料なんですよ、これ。
c0223065_929852.jpg

無農薬は聞いたことあるけど、無肥料ってどういうこと?って思うでしょう。

これは山で作ったんです。
山は落ち葉がたくさん落ちて毎年何度も繰り返し野菜を作る畑と違って、堆肥がたっぷりで肥料を与える必要がないんだって。そこに初めて生える野菜だからもちろん虫も付かないのです。だから皮も分厚くってプリプリで、種がすごーく硬い。



こちらは同じ山で採れた栗。自然になってるやつだから、もちろんこちらもオーガニック。
皮を剥いて茹でたら砂糖と塩で味付けをして私の大好きな栗あんにします。
c0223065_9303313.jpg



そして最後はぶどう。
c0223065_9385181.jpg

「若い人がいないから誰も食べないのよ」と母が言うように、
確かにもう全部腐りかけてる。。。もったいないなあ、送ってくれればいいのにー、と言いつつ、もっと帰って来ないとな、と反省。



田舎の醍醐味と言えば、オーガニックな美味しい作物だけではありません。

名物、安くて空いているテニスコート↓
c0223065_9345594.jpg

こちらは1時間たったの450円。へたくそだったテニスも帰省のたびにちょっとづつできるようになってきました。

どこでもドアがあったら、家から通うんだけどな。。。


短い3日間の帰省も終わり。やっぱり出るときははなんだか涙が出ます。
c0223065_1025458.jpg


たまに帰る実家はサイコー!などとおひとりさまランキングに参加中。
↓せっかくですので、クリックお願いします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-09-12 09:48 | 仕事のことは忘れて
ゆるーい里帰り。宮崎で気持ちー!
仕事の合間を縫って、実家へ帰省することにしました。今日から三日間、超特急の里帰り。

お盆は帰れなかったし、お彼岸に墓参りぐらいしないと。

明け方ギリギリまで仕事をやって、ちょっと仮眠を取って、目が覚めるとバタバタと荷物を詰めて飛行機へ乗り込むいつもの私。。

c0223065_1445289.jpg

どうしていつもこう、ギリギリなのか。。
職場に片付かなかった仕事についてお詫びのメールをし、関係各所に電話し、お土産を買い、空弁を注文し、とりあえず詰め込んだスーツケースの中身を整理。
ふうと一息つく暇があるのは、多分国内線がチェックインなしで登場OKになったから。私のために作られたようなシステムです。

機内で空弁をあさりながら、ボサノバを聞いてあっという間に宮崎へ。

やっぱり実家が離れているのは正解かも。たった三日間でも、嫌でも仕事から離れることができますからねー。

着いてすぐ、いくつかの仕事の電話をささっと片付けて、迎えに来てくれた友達と海岸線をドライブ。
c0223065_1445240.jpg


そして安産祈願で有名な鵜戸神宮。おひとりさまですが、ジョイセフの職員として世界の安産を願ってお参りしときました。
c0223065_1445257.jpg

c0223065_1445212.jpg


平安時代からある815段あるという石段を歩いていると、退職後に東京から宮崎に移り住んだという紳士に遭遇しまし、いつの間にか雑談。

c0223065_1445221.jpg


宮崎が相当気に入ってるみたい。台風がなけりゃ最高だけどね、と紳士。

c0223065_1445271.jpg


家に着くと、夜空に満天の星が輝いてました。辺りが真っ暗なのに、空にはシャンデリアがあるみたい。
写真でお見せできないのが残念です。

お中元の残りの缶ビールをプシュッと開けて両親と久々の乾杯!

新しくできたジョイセフのパンフレットを見せて、広報で頑張ってる感じをとりあえずアピール。両親も大満足の様子です。

そして二缶目をプシュッ。あーやっぱ帰ってよかったぁ。

おひとりさまランキングは宮崎から参加中。
↓いつもクリックありがとうございます。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-09-10 02:02 | 仕事のことは忘れて
ジョイセフ大阪デビュー!!
ついにジョイセフ大阪デビューの日がやってきました!
フォトグラファー東海林美紀の写真展です。

新幹線で新大阪に到着し、向かった先は北浜駅。
c0223065_1105330.jpg

到着するなり新聞を見てびっくり!
大阪版の産經新聞にでかでかと写真展の紹介が!!
c0223065_111379.jpg


今日の会場はロータスルーツカフェ。
c0223065_174495.jpg

c0223065_164612.jpg


築100年という町屋を改造して作られたカフェは一階がフォトギャラリーとカフェ、二階がアフリカやアジアの雑貨を売るショップ兼、展示スペースになっています。
c0223065_18486.jpg

c0223065_183392.jpg

スローな空気が流れ、癒されるなんだか懐かしいかんじの空間です。

このカフェで美紀ちゃんのガーナの写真展をやることになったのは、ジョイセフフレンズのT嶋さんのおかげです。関西をベースに活動する彼女がこの素敵なギャラリースペースを見つけてくれたのです。T嶋さん、ありがとう!!
c0223065_185835.jpg


準備に浮かれるミッチ↓
c0223065_193533.jpg

今日は美紀ちゃんの写真展の横でカフェトークを行いました。

美紀ちゃんが写真をスライドに映しながら一つ一つ説明しました。

最後にみんなでグループディスカッション。
c0223065_232888.jpg


今度大阪でホワイトリボン支援のチャリティパーティを企画しているという、M崎さんと、ギャラリーを選んでくださったT嶋さんと、ミッチ、ワカでお店の前で記念撮影。
c0223065_2322391.jpg

無事関西進出果たしました!!
おひとりさまランキングは関西から参加中。
↓せっかくですので、クリックお願いします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-09-06 01:13 | お仕事中
ザンビアでの写真撮影は準備が必要?!
10月のザンビア行きに向けてだんだん忙しくなってきました。

今回はザンビアの女性たちのおかれている現状を報道してもらうためにプレスが来てくれるということもあり、いつもはテキトーなO型の私ですが、結構入念に準備しています。

というわけで、ザンビア大使館行ってきました。
c0223065_0194410.jpg


ザンビアは撮影許可が大変厳しい国です。テレビや新聞の取材はもちろん、個人の旅行でも写真撮影やビデオ撮影が厳しく制限されるときがあります。

これまで私が行った場所では、レストランやスーパー、工場などでは、オーナーや社長、マネージャーなどの許可がないと撮影できないことが多くありました。農村の場合は、各地のチーフ(先祖代々その地の部族を仕切っている長老のような人)に手土産を持って行き、挨拶をしなければなりません。

観光地でないところで、間違って観光客気分で撮影すると、とっても痛い目に合います。私がまだ現地のことを何も知らなかった4年前、初めてのザンビアで洗礼を受けました。レストランで、撮影したビデオのディスクを目の前で割るようにと命令されたのです。(カウンターで飲んでいるコーラの瓶をうかれながら撮影中。)008.gif

現地スタッフのアルバティーナの場合は、プロジェクトのビデオを撮影した日に、家まで怖い大きな男性たちが押しかけてきたこともあったそう008.gif
ザンビア人でもそんな目に合うんですから、外国人ならなおさら標的になります。

もちろん、個人的にはみんな写真好き。
「私の赤ちゃん写してー!」と駆け寄る女性。(赤ちゃん、ちょーびびってるけどね037.gif
その右後ろの女性も「私のあかちゃんもー!」とあわてて背中から赤ちゃんをおろそうとしている瞬間↓

c0223065_041055.jpg

もちろん撮影の了解をもらえば、ライフルを持っている男性でも撮影OK!
c0223065_0415023.jpg


まあそんなこんなで、プレスを連れていく場合は、「プレス証」と「持ち込み機材」「撮影許可」の申請という面倒くさい作業があり、これがまあ、とっても時間がかかります。

しかし、どんなに入念に準備しても、担当の役人によっては全然効き目がないときもあります。
昨年の10月にある女性誌のカメラマンが来たときには、空港で3時間以上止められ、その後機材を没収され、戻ってくるまで2日かかりました。私が現地でコーディネーションをしていたので、その時はさすがに胃に穴が開きそうになり、その日の夜のモシビール(ザンビアのビール)たったの1本で気を失いました。

よって、今回は念には念を入れて、在日ザンビア大使館に先に根回しをしてもらうことにしました。そして一等書記官とのアポが難なく取れました!いぇーい!003.gif

「某テレビ局や某通信社、某雑誌社が結構タイトなスケジュールで入国しますから、絶対撮影が押してはならないんです!!」と熱心にお願いすると、一等書記官のローズ・バンダさんが快く根回しを引き受けてくれました。関係各所に通達の手紙を出してくれるそう!

ふう。。これで何とか第一の難関を突破。

これから全員分の就労ビザ、プレス証を申請して、各訪問地の施設に撮影許可申請をします。

ローズ・バンダさんと2度目のツーショット。やっぱり写真は楽しい♪
c0223065_0575117.jpg


ところで、明日は何と大阪にジョイセフが出現します。
詳しくはジョイセフのブログ↓
http://blog.excite.co.jp/joicfp/15060996/
できれば明日の夜報告のブログを書きたいな。

c0223065_0534883.jpg仕事もちゃんとやってますが、連日makoとハイボールに溺れてます。
↓せっかくですので、クリックお願いします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2010-09-05 00:59 | ザンビア・タンザニア