ブログトップ
ワカのサンキューブログ
Mayちゃんが生まれた日のこと
やっと授乳と細切れ睡眠が軌道に乗ってきました。
聞いてはいましたが、新生児のお世話ってハンパないっ。
。。゙(ノ><)ノ

ブログどころかトイレに行ったりご飯を食べたりする時間もない。時間があれば寝たいのでブログはどんどん後回しに。。
c0223065_1129436.jpg


さて、前回のブログでご紹介しました、ハニーと私の赤ちゃん、Mayちゃんですが今日で生後39日目。すっかり「新生児」のカテゴリーから「乳児」のカテゴリーに成長したわけです。

ちょっとずつですが「フワー」とか「はにゃ」とか「アギャー」以外の声を出すようになってきました。日々成長する我が子、頼もしいわん。ヽ(*⌒∇⌒*)ノ
c0223065_11292116.jpg



さて、今日のブログでは、遅ればせながらMayちゃんの出産のことを書きたいと思います。

<陣痛ってどんなんだったっけ>

妊娠中に職場のMさん(3児の母)からこんなことを聞きました。
「陣痛ってねえ、忘れちゃうのよね。私は3回経験したんだけど毎回分娩台に乗るたびに、『あーこんなんだった!もう二度といやだと思ったんだった!!』となるのよ。でも今ももうどんな痛みか覚えてないの。」

ほかにも何人かの先輩ママたちに同じような話を聞いたので、「私はちゃんとブログに書きとめておくぞ!」と心に決めていたのですが、あれよあれよと言う間に一ヶ月が過ぎ、もうすっかり陣痛がどんな痛みだったか思い出せないのです。

出産当日のビデオには「痛い、痛い」と言う自分が映ってるし、やっぱ相当痛かったんだと思います。

産後すぐにお見舞いに来てくれた同僚たちに「出産どうだった?」と聞かれて「やっぱ助産院で産んでも痛いのは痛いんだね。」とコメントしてたし。

産後すぐにハニーに「中から獣が飛び出てくるような痛み」と説明したんだけれど、ハニーは「ハハハー、獣じゃなくて人間だったけどね」などと笑っていたっけ。とにかくすごーくとてつもないパワーが自分の意思とは関係なく子宮から波になって押し寄せてくるかんじだった。。。はず。。。うーん、その自分の言葉ははっきりと覚えているんだけどな、どんな痛みだったかはわからないのです。悔しいことに。

陣痛に苦しむ出産当日の私。↓
(右下に写っているiphoneアプリのたまひよ陣痛カウンターで痛みが押し寄せる間隔をチェック。このアプリかなり使えました!)
c0223065_11292465.jpg


一方、気持ちよかったことは全部はっきりとおぼえてるんですね、これが。

★はっきりと記憶していること★
-前駆陣痛のときにハニーと食べたCoolishの味。
-陣痛と陣痛の間の穏やかな約10分間
-陣痛中から出産完了までずっと手を握ってくれたハニーの手の感覚。
-「上手、上手!」「もう生まれますよ!」という助産師さんたちの掛け声。
-初めてMayちゃんを胸に抱いたやわらかい肌の感覚。

助産院出産だったからなのかな。安産だったからなのかな。
いずれにせよ私の場合、「陣痛は思い出せない」は本当でした!


<助産院での出産>

高齢初産だったので、当初は助産院での出産は断られるのでは、と思っていましたが、助産師さんや栄養士さんたち細やかな指導のもと、無事助産院で出産することができました。

助産院では6畳ぐらいの部屋で床に布団を敷いて仰向けに寝て出産しました。
常時ハニーが私の右側にいて、手を握ったり、ポカリスエットやお茶をストローで飲ませたり、団扇で扇いだり、汗を拭いたりしてくれました。

介助を担当したのは、二名の助産師と一名のS大学大学院の実習生。それ以外に同じS大学のもう一名の実習生とN大学の教授の見学もあり、ハニーを入れると総勢6人に見守られ出産しました。

助産師さんたちは赤ちゃんが出てくるのを介助しながら、そのタイミングに合わせて私の呼吸を整えてくれます。
「ほらワカさん、大きく吸ってー、吐いてー、赤ちゃんに酸素送ってあげてね。」
「もうすぐ出てきますよ。目を開けて私を見て、力を抜いて『ハ、ハ、ハ、ハ』と声を出してー。」
「ほら赤ちゃんもう頭が出てきたよ。頭触ってみて!」

Mayちゃんはちゃんと教科書どおり、自分で首をひねってうつ伏せから上向きに顔を反りながら、少しずつ頭を出して、次に片方ずつの肩を出して出てきました。
赤ちゃんってすごいんだなあー。

出産って母親が「出す」のではなくて、赤ちゃんが「自ら出てくる」状態のことを言うんだ、と実感しました。
(産婦人科医の竹内正人先生の言葉を借りると、「赤ちゃんは産むんじゃなくて、生まれてきてくれる赤ちゃんを通す」のだとか)

Mayちゃんが出てきた瞬間↓
c0223065_11291416.jpg



その後もMayちゃんは大きな声で泣きながらちゃんと呼吸をして、すぐにおっぱいにも吸い付きました。
どこで習ってきたわけでもなく、自分でわかってるんだなあ。
Mayちゃん偉い!O(≧▽≦)O

と既に親バカな感動を覚えたワカなのでした。

写真はいつももらい泣きしそうになる「おっぱい欲しいよ~」の時の甘え顔のMayちゃん。
c0223065_11293719.jpg





妊娠出産ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします。↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村
[PR]
by joi-waka | 2013-06-24 15:15 | May&Lee育児日記
<< 育児三ヶ月目でいろいろ見えてきた。 産んだよ。生まれたよ。 >>