ブログトップ
ワカのサンキューブログ
ファーストバースデーおめでとう
暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続きますがいかがお過ごしですか。

被災地も猛暑だとのことですが、ママたちはどんな日々を送っているのでしょうか。

ジョイセフでは、東日本大震災で被災し、昨年一年間で出産したママたちにケショ(義援金)を送りましたが、今年はファースト・バースデー・ギフトをプレゼントしています。
c0223065_2147070.jpg


被災したママの赤ちゃんが1歳を迎える月に、ご賛同いただいた企業様からいただいた商品(サプライズなので中身は内緒)を送っています。
また、自分たちの生活もままならない中で、途上国から募金を送ってくれたアフリカやアフガニスタンの友人たちからのメッセージも添えてあります。

その、ファースト・バースデー・ギフトが、この度「第6回キッズデザイン賞」を受賞しました。
c0223065_18515961.jpg

これは、このプロジェクトにご理解、ご賛同いただき、ご協力いただいている企業の皆さん、このプロジェクトの立ち上げから携わってきた担当の宮原さん、宮原さんを支えた実働部隊のチームメイト、ボランティアの皆さん、そして何より、頑張って一年を乗り越えた被災地のママたちのおかげで受賞しました。


皆さんありがとうございました。

受賞決定で嬉しそうな宮原さん↓
c0223065_1852516.jpg



以下、受け取ったママたちからのメッセージ。
たくさんの手書きのお手紙をいただいていますが、掲載許可をいただいておりませんので
抜粋して一部掲載させていただきます。

****************

■先程、6月誕生日のお祝いなど届きました。今は、まだ仮設にいて、これから先どうなるのかな?と心配な毎日での子育て。落ち込んだり不安定な時もありますが、こうやって、みんながいるんだ!と救われた気持ちになります。本当にありがとうございます。去年は、あんなに小さかった子供も1才目前にして歩き回っています。福島県なので、放射能の問題は、まだまだ残りますが、スクスク育っています。世界中からのメッセージ、ありがたいです。

■震災後に出産し、無事成長し、まもなく、一歳になろうとしています。
震災直後から幾度もの支援、手書きの手紙。本当にありがとうございます。とても嬉しく、感謝しきれません。いつ
か私も役に立てるよう、今は子育てを頑張ります。ありがとうございました


■私は、宮城県仙台市に住む一児の母親です。
おかげさまで、昨日無事に我が子の1歳の誕生日を、迎える事ができました。
この一年は、あっという間に過ぎたように感じられます。子育てをしなが、ふと震災当時の事を思い返す事も多々あります。そんな時、ふといつも同じように浮かんでくるのは、ジョイセフ様からの義援金や、たくさんの支援物資をいただいた事です。また、何よりも、ジョイセフの義援金等に関して、分からない事ばかりだったので、事細かく電話でお伺いしたのですが、その際、窓口でお話しを聞いてくださった方がとても親切で、その対応が私にとってはものすごく心が温まりました。その男性の方の対応はきっと一生心に残ります。
本当にありがとうございました☆
あの当時は、問い合わせ等の電話窓口も大変混雑しいたのではないでしょうか?
そんな中での、あの大変親切な対応は、本当に嬉しい限りでした。
心から感謝しております。ありがとうございました。
ただ、お礼が言いたくてメール致しました。

****************

なんだかこっちが励まされます。
彼女たちがファーストバースデーを迎えられたんだから、私も日々感謝して頑張らなければ。

日々の業務に追われて、すっかり何のためにこの仕事をしているのか忘れてしまうときがあります。途上国や被災地に必死に頑張る人達にふと自分はどうだろうか、と考える機会をもらっています。

まずは日々生きる喜びを分かち合える家族や親せき、友人に感謝。

そうそう、いつも書いてますが、結婚して親戚が増えていろいろな経験を共有できる仲間が増えています。

海の日はダンナ家族と鎌倉にお盆のお墓参り。(お盆は東京では8月でなく7月という衝撃的な事実を初めて知りました。)

c0223065_18514816.jpg


そしてダンナの親戚の女子会にも初参加
(もちろんダンナ抜き)
c0223065_18515326.jpg


いい仲間がいるから、悲しいことや辛いことも助け合って乗り切ることができています。
皆さんありがとう。
そして、東北のママと赤ちゃん、ファーストバースデーおめでとう。
[PR]
by joi-waka | 2012-07-19 19:10 | 被災地支援のママたち
<< ロンドンオリンピックは開会式が... 実家にダンナと帰ってました。 >>