ブログトップ
ワカのサンキューブログ
東北のジョイセフフレンズのみなさんありがとう
ジョイセフチームは今福島県と連絡が入りました。
続々と報告が送られてきていますので、随時公式HP、ブログの方でアップしていきますね。

昨日の岩手県山田町での活動は皆たくさんの厳しい現実を目の当たりにしたようです。
まだまだ支援が行き届いていないというのが実感だとのことです。
c0223065_2121861.jpg

c0223065_21341881.jpg

もっともっと支援の輪を広げて、最後の最後までママたちを支援していきます!


さて、先週末は知人のクラリネットとピアノの演奏会に参加してきました。素敵なひとときを過ごしました。
音楽ってすごくいいなあと思います。

先日の日経のコラムにも「終戦の2カ月前である。焼け野原の東京に、ベートーベンの第9が響いた」と書いてありましたね。
3月31日の日経新聞1面「春秋」

お花見の自粛やコンサートのキャンセルが相次いでいるけれど、やっぱりこういうときに芸術は希望を与えてくれるのかもしれないです。
被災地支援ソングも続々登場しています。



さて、今日は嬉しいニュースがたくさんあります。
どれからお伝えしたらいいのやら。

①宮城県と岩手県のジョイセフフレンズの皆さんが、ジョイセフチームを温かく出迎えてくれました。
現地に行っているスタッフの報告によると、現地のジョイセフフレンズのみなさんが、ガソリン、飲料水、おにぎりなどを準備して待っていてくれたそうです!こちらが応援に行っているはずなのに、応援してもらったなんて涙が出ます。やっぱりジョイセフフレンズの皆さん、温かいです!!(涙)

②宮城県塩釜市の市長からのメッセージが届きました。
「女性や妊産婦さんたちも避難所生活で下着がなく困っていたところ、今回、大量に送ってもらって皆大変感謝しております」
とのことです。
こちらに全文載せました。
http://www.joicfp.or.jp/jp/2011/04/04/8813/


③イギリスのゴードン・ブラウン元首相の夫人、サラ・ブラウンさんなど各国の友人たちからジョイセフに応援メッセージが届きました。
サラ・ブラウン夫人はツイッターでも世界中につぶやいてくださっています。
英文ですがこちらに載せました。
http://www.joicfp.or.jp/eng/tohoku_bokin/from_the_world.html

チャリティお花見を企画中です。ちょっとまだ寒いけれど。
↓いつもクリックありがとう↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
[PR]
by joi-waka | 2011-04-04 21:35 | 被災地支援のママたち
<< どうやったら福島の人を助けられ... マタニティ、ベビー用品ママたち... >>